予防歯科 | K'Sデンタルクリニック

Close

予防歯科

「削る治療」から「削らない治療」へ

「予防歯科」とは、虫歯や歯周病などにならないように、口腔内をケアする歯科医療のことです。
虫歯や歯周病は細菌感染症ということをご存知でしょうか?
歯ブラシが届きにくい場所や歯の隙間など、どうしても歯みがきがおろそかになってしまう部分には、磨き残した汚れが蓄積されて歯垢(プラーク)が発生します。
このプラークは唾液や血液からカルシウムを取り込んで石灰化し、硬い歯石となります。
その歯石の上にさらにプラークが溜まってまた歯石となり、口腔内の衛生環境はどんどん悪化していきます。プラーク1mgの中には約1億個の細菌が棲み着いていると言われています。
この細菌は、口腔内の糖分を栄養として、酸を出します。この酸が、歯のエナメル質や、歯を支えている骨を溶かしていきます。これが虫歯や歯周病の始まりなのです。
つまり、プラークが溜まらないように歯科医院で定期的に口腔内クリーニングを受けることで、虫歯や歯周病を未然に防ぐことができるのです。
歯は一生の宝物です。自分の歯を生涯に渡って使い続けるために、「悪くなったら行く」のではなく、「悪くならないために行く」という意識を持って、予防歯科を積極的に利用することがとても大切です。

01プロによる口腔内クリーニング・PMTCのススメ

PMTCとは、「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の略で、「プロが専門機器を使用して行う口腔内クリーニングのことです。
ふだん念入りに歯みがきを行っているつもりでも、歯と歯の間、歯と歯茎の境目、歯の細かい溝といった部分にはどうしても磨き残しが出がちです。
この磨き残した汚れが歯垢(プラーク)となり、やがて歯石となります。一度歯石になってしまうと、自宅での歯みがきだけで除去することはとても困難となります。
PMTCでは、プラークや歯石、コーヒー・紅茶などの色素汚れだけではなく、プラークと同じく細菌の棲家となる「バイオフィルム」までをキレイに取り除くことができます。
さらに、細菌や歯垢が付きにくいように歯の表面を磨き、ジェットパウダーでキレイに仕上げた後、細菌が出す酸に対して歯の表面を強くするためにフッ素塗布を行います。

02生活習慣と歯磨きの大切さ

せっかく歯を治療して、プロによるクリーニングを受けたとしても、毎日のセルフケアを怠ってしまうと、虫歯や歯周病などの再発リスクが高くなります。
予防歯科においては、患者様ご自身が取り組む歯みがきを中心とするホームケアが基本です。
しかしながら、ただ一生懸命に磨くだけでは、効果は限定的です。
効率の良い磨き方がありますので、K’sデンタルクリニックがしっかりとご指導いたします。
また、普段の生活習慣もお口の健康、ひいては身体全体の健康に大きな影響力を持っています。
食事の摂り方、おやつの食べ方、歯みがき・うがいのタイミングなど、少しの工夫で虫歯や歯周病にかかりにくくすることができます。当院では、患者様の生活習慣や食習慣をヒアリングして、お口の健康に役立つ生活習慣のアドバイスを行っていきます。

Subject診療科目